• 時計修理相談室のご案内
  • ウォッチ修理
  • クロック修理
  • 料金表
  • 修理の流れ
  • 新着情報
時計修理相談室のご案内
時計修理相談質では、8 つのこだわりを持って作業にあたっています。
  • 時計を長く使っていただくための修理
  • 時計に愛着を持って使っていただくための修理
  • 部品交換は最小限にし、元の時計のまま使っていただく修理
  • 時計とともに刻んできた歴史を残す修理
  • お客様の希望や使い方、用途に最適な修理
  • 簡単には修理をあきらめません
  • お客様の時計のホームドクターになります
  • 安易に買い替えをお勧めすることはありません
時計修理相談室では

時計修理相談室では、今までの慣例にとらわれず、お客様のニーズに最適な修理方法をご提案いたします。
どんなに難しい修理であっても、簡単にはあきらめません。また、メーカーや代理店を紹介するだけで解決するようなご依頼や、 お近くの時計屋さんでも対応可能なご依頼であっても、専門スタッフが丁寧に対応いたします。なお、時計によっては、完全な修理ができないこともありますが、その際は理由をお客様へはっきりとご説明し、 ご納得いただける内容を確認し修理を進めさせていただきます。時計のホームドクターとして、あらゆる時計修理のご依頼にお応えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

修理に対するこだわり
修理に対するこだわり

ケースを削る新品仕上げは、ケース交換の時期を早めてしまいます。そのため弊社では、ケースを削るような磨きはいたしません。私たちは「時計を長く使っていただくための修理」「時計とともに刻んできた歴史を残す修理」にこだわっています。
また、安易な部品交換もいたしません。元の部品を生かした修理は部品交換よりも大変ですが、お客様の大切な時計を、できるだけ元の状態に戻してお返ししたいと考えているからです。

スタッフ紹介

時計修理一級技能士30名在籍 ※ 2015年4月現在
信州匠の時計修理技能士特級  1名
WOSTEP認定技能士   1名

  • スタッフ紹介
  • スタッフ紹介
法人の方へ
法人の方へ

公共団体様・法人様へ

会社設立・社長就任・上場記念・新社屋落成・周年記念などの記念品・贈答品として時計が贈られることがよくあることと思います。
会社の受付やロビー、社長室、記念館に設置されている時計は、精度よく作動していますか?
また止まってしまい、倉庫にしまわれたままになっている時計はありませんか?
社用車をはじめ会社設備・社屋には普段より定期的なメンテナンスをされていることと思いますが、意外と時計のメンテナンスは忘れやすいものです。
10年、20年、30年前にいただいた時計がメンテナンスにより動き続けていることが、取引先との親密な信頼関係の証となります。
置時計・掛時計・ホールクロック他時計全般につきまして、お気軽にご相談ください。本格的な機械式時計であれば、メンテナンスにより貴社の歴史とともに50年、100年と動き続きます。

時計販売会社様へ

お得意様から古い時計の修理を依頼されることはございませんか?
古い時計はメーカー・代理店のアフターサービスに修理依頼されても、部品供給期限終了で修理対応ができず、未修理返却で戻ってきてしまうことがあると思います。
その際は、ぜひ一度ご相談ください。メーカーでも修理の対応をしない動かない時計に再度時を刻ませることにより、お客様と信頼を築くお手伝いをさせていただきます。
外装部品や、古いクォーツの内装部品につきまして純正の部品をご用意することはできませんが、機械式の腕時計・クロック等は復元に向けての何等かのご提案をさせていただこうと努力しております。
定年退職時の記念、学校の入学や卒業の記念にもらった時計・入社時初任給で買った時計。遺品整理で偶然見つかったお形見の時計。半世紀大事に愛用し、ご子息に継承したい時計。いつ見ても止まったままの掛時計、置時計、ホールクロック。
ひとつひとつに思い出があります。お見積もりご提案は無料にて承ります。お気軽に電話、メールにてご相談ください。

ページトップへ